ソーシャルレンディングで3ヶ月投資をしてみたことのまとめ

私がソーシャルレンディングで投資を始めてから約3か月が経過しました。クラウドクレジット(満期一括返済)以外はこれまで登録したソーシャルレンディング事業者から分配を得ることができましたので、3か月を一区切りとして投資~分配金を得られるまでの過程を自身のポートフォリオについても触れつつ、振り返ってみたいと思います(少し長い記事になります)。

 

 

どの事業者毎にいくら金額を投資したの?

まずポートフォリオについてですが、事業者別に見た場合に以下のグラフがわかりやすいと思いましたので紹介します。各事業者毎にいくら積み上げているのかをグラフ化したのが以下になります。合計で8,660,000円です。棒グラフの色違いの一つ一つが1ファンドになります。全部で、59個のファンドです。

事業者毎にファンドの投資金額を変えています。ラッキーバンク、オーナーズブックは30-50くらい、maneo、クラウドリースは3-10、それ以外は10-20万程度のレンジです。投資額50万以下の事業者は様子見、それ以外の100万以上にしている事業者はファンドと事業者の評判等を参考にして投資額を上げています。事業者毎の分散比率をパイチャートにしてみると、以下のようになります。

 

各事業者から得た分配金はいくらだったの?

投資から3か月経過して、これまで支払われた分配金は33,424円(9月:200円、10月33,224円)です。まだ運用に乗っていない案件もあるのですが、ほぼ一か月分の運用で不労所得は3万円台です。事業者毎の分配金の内訳は以下の通りになります。

ラッキーバンクとmaneoは投資額が多いことから分配金の額も他より多め、オーナーズブックは、投資した額に対して1ファンドの1か月しかまだ計算されていないので、3か月後にはもう少し分配金が上がっている見込みです。クラウドクレジットは満期一括型なので来年分配予定です。

 

3か月の間にやったことは、どんなこと?

これまで経験したことを時系列で記載しています。

2017年7月 会員登録

ソーシャルレンディング事業者Webサイトから会員登録を行いました。現在登録している7社(プロフィール欄に記載)は、大体以下の流れで対応できました。

(1)会員登録フォーム(Web)で必要事項記入(15~30分/一社)
(2)取引確認コードの受け取り(各社郵送のため、登録してから数日後くらい)
(3)取引確認コード入力(5分)

上記の手続きを、ソーシャルレンディング事業者7社に対して繰り返し行いました。1件目の登録は内容確認しながらだったので少し時間がかかりましたが、2件目以降は入力フォームはほぼ同じで簡単でした。1週間ほどあれば、投資可能な状態になります。

事業者がたくさんある中で、どれを選べばいいのかという点については、私の場合始めるきっかけになったのがクラウドバンクなので、まずはクラウドバンクの登録から始めました。他は、いろんな方々が書かれてるブログから他事業者のサイトまで調べて決めました(業界最大手のmaneoも後からその存在を知りました)。

2017年8月~9月 入金~投資

8月に入ってから、ソーシャルレンディング事業者各社に入金しました。振込手数料がかかるのである程度まとまった額を各社入金していきました。合計で8,900,000円を入金しました。

入金後、ソーシャルレンディング事業者各社へ投資を実施しています。最初はお試しで数件投資、後は良いと思った案件について、続々と投資を行いました。毎日サイトのチェックやメルマガのチェックを行い、8月~9月の間、随時ファンドに投資を重ねていきました。投資したいファンドを見つけて投資の繰り返しです。

クラウドクレジット(海外系の投資)については、デポジットを50万円としていたのですが、240,000円の払い戻しを実施しました。これは単純に海外投資そのものに対する仕組みがまだよくわからなかった点が多く、もう少し投資額を抑えておこうと思ったための下方修正です。ただし、すでに投資済み分はそのままクラウドクレジットにて運用を行うことにしました。払い戻しを考慮すると、投資資金は 8,660,000円(8,900,000円 – 240,0000円)です。

2017年9月 分配

クラウドバンクにて、ソーシャルレンディングを始めて初の分配金200円をいただきました。

2017年10月 分配金

クラウドバンク、maneo、ラッキーバンク、LCレンディング、クラウドリース、オーナーズブックから合計33.224円の分配金をいただきました。

※参考:過去記事
【maneo(マネオ)】10月の分配金が出ました。
【LCレンディング・クラウドリース】10月の分配金が出ました。
【OwnersBook(オーナーズブック)】10月の分配金が出ました。
【クラウドバンク/ラッキーバンク】10月の分配金が出ました。

 

3か月の間にやったことのまとめ

プロセスを並べると以下のようになります。投資後は、運用期間となるため、その間は各事業者で決めた分配日に分配されるのを待つだけになります。

会員登録 ⇒ 入金 ⇒ 投資 ⇒(運用期間)⇒ 分配

※尚、クラウドクレジットは一括返済で、運用期間も1年以上なので、受け取りはまだ先(来年)となります。

ポイント:複数の事業者を登録して各事業者のデポジット口座に入金したり投資や分配を重ねていくと、全体の状況が把握しづらくなってきます。入金~投資の管理はちゃんとしておいた方がよさそうです

 

まだ経験していないことや、これからやる予定のこと

現在投資している事業者の範囲で、まだ対応したことのない事は以下となります。これから経験していくことになるかもしれません。

  • クラウドクレジット: 分配金の受け取り
  • 効率的運用: 償還から再投資に至る投資サイクル
  • 分配金が20万円を超える場合: 確定申告
  • 願わくば経験したくないもの: リスクの発生と対応
  • 興味があること: セミナーの参加

 

 3か月投資をしてみてどうだったの?

変わり映えのしない意見かもしれませんが、以下の点が感想です(あくまで初心者としての)。

  • 投資後は運用期間に入るため、ほぼほったらかしで楽に思いました
  • いつどこに何をいくら投資したのか、都度管理しておくと便利でした。
  • 初めてのソーシャルレンディングを始めたことについて、どちらかというと参入のしやすさを感じましたこれは、今のところ貸し倒れなどの怖い事態に遭遇していないだけだからかもしれませんが。
  • 複数事業者に分散投資するという考え方については、あまり多く事業者を増やしてもリスクが高くなるので、安定した複数の事業者へと選択、集約化させて分散投資していきたいと思いました(そのために、より経験を積み、分析の視点を高めていく必要あり)。
  • 投資をする目的そのものの話ですが、どこの事業者でも”銀行定期”との収益比較について書かれていますが銀行に預けるよりリターンが圧倒的に大きくていい、というのを分配金を得て再認識しました。

以上がまとめとなります。今後も引き続き、ソーシャルレンディングを続けていきたいと思います。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です