【運用実績公開】ソーシャルレンディング事業者各社から8月の分配金が出ました

9月中旬の公開になってしまいましたが、ソーシャルレンディング事業者各社から8月の分配金を集計しましたので報告します。その他、8月中に行ったこと、起こったことなどをつらつらとまとめています。


スポンサーリンク

2018年8月の分配金は?そしてSBIソーシャルレンディングから初の分配金が

分配金(税引前)は38,492円でした。

No 事業者 分配金(税引前)
1 maneo 18,121
2 クラウドバンク 6,246円
3 ラッキーバンク 2,384円
4 オーナーズブック なし
5 クラウドリース 3,458円
6 LCレンディング 2,132円
7 クラウドクレジット なし
8 プレリートファンド 4,417円
9 SBIソーシャルレンディング 1,734円
合計 38,492円

8月はSBIソーシャルレンディングから初の分配金を受け取りました(以下はSBIソーシャルレンディングのマイページより)。SBIソーシャルレンディングはこれから徐々に投資額を増やしていきたいと考えていますので、徐々に分配金は増えていく見込みです。

続いて、月別の分配金(税引前)推移です。

運用額は徐々に増えているのですが、8月も引き続き分配金については伸び悩みで主に以下の理由からです。

  • ラッキーバンクの返済遅延(未稼働のお金が170万)
  • 利回りが低い案件に投資をシフト(4~5%程度)
  • しばしば償還が発生
  • ポートフォリオ見直しを実施

まだまだ安定している状態ではなく、ポートフォリオの見直しも継続していますのでしばらく上がったり下がったりは続く見込みです。

 

ラッキーバンクの返済遅延状況、あまり変わらず

担保の任意売却に関する状況報告が8月27日にメッセージとして配信されました。

詳細は以下の記事掲載しています。

【進展は?】ラッキーバンクから返済遅延の現況に関するお知らせが来ました

売却に向けて少しは進んでいるものあり、進んでいないものあり、といった状況です。

返済遅延を起こしている案件の内、私が投資しているもので返済されたものはありません。

まだ時間はかかりそう、という印象です。

返す気があるのか、売却する気があるのかどうか、というのもこれまでのラッキーバンク側のアクション(報告なし、進展も悪い)から半信半疑です。

マイページ内には”延滞中の投資案件”という表(以下)が設けられています。

返済目途がたつと、この表の”未定”となっている箇所が埋まってくるもののようです。私の場合だと、今の所何も予定が決まっていないので全て”未定”となっています。

2割くらいの毀損で済めばよいのですが、ラッキーバンクと借入人がどううまくやってくれるかにかかっています。また状況を見つつラッキーバンクの報告を待ちます。

 

SBIソーシャルレンディングからSBIポイントをいただきました

SBIソーシャルレンディングから、SBIポイント 900ポイントをいただきました。

こちらは、6月に投資して急きょキャンセルになった案件「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号」に関して、SBIソーシャルレンディングからの”出資いただいたお客様への感謝の意を込めたプレゼント”だそうです。

SBIソーシャルレンディング:SBIポイントプレゼントのご案内

投資額の0.3%相当ということで、30万投資してましたので900ポイントになります。

出資した人によって入金時に振込手数料がかかっている場合もありますので、そのお詫びの意味もあるものと思われます。私は三井住友銀行のSMBCダイレクトを使って入金しているので入金手数料は0円です。特に痛手なく900ポイントを得られることになりましたので、これは嬉しいお知らせでした。

SBIポイントは現金(ただし、レートが下がる)や他のポイントとも交換可能です。私は以下の中で交換レートが高いTポイントと交換することにしました。

スポンサーリンク

 

TATERUで預金残高改ざん問題が明らかに、そして解約手続きへ

7月から投資を始めたTATERUに関して、残念なニュースが8月31日に飛び込んできました。

日本経済新聞:アパート融資資料改ざん、TATERUでも

TATERU:本日の一部報道について

TATERUの従業員が銀行の融資の審査を通りやすくするため、顧客から預かった預金残高のデータについて、実際のおよそ23万円からおよそ623万円に改ざんしたそうです。これはTATERU側も事実を認めており、同日にIRとして以下の情報が発表されました。これらはTATERU Apartmentに関する問題であり、TATERU Fundingについての問題ではありません。

TATERU内ではその後、再発防止に向けて外部の専門家アドバイザーを中心とした「特別調査委員会を設置しています。

私がTATERU Fundingで投資している案件は以下の3案件(計80万円)です。Twitterでもつぶやいたのですが、このニュースを受けて途中解約(※)することにしました。TATERUからは一時撤退することにします。

  • キャピタル重視型 第32号TATERU APファンド(2018年10月末運用終了)
  • キャピタル重視型 第33号TATERU APファンド(2018年10月末運用終了)
  • キャピタル重視型 第43号TATERU APファンド(2018年12月末運用終了)

※補足:TATERU Fundingでは途中解約(クーリングオフ、解除)の制度があります。

このまま待とうか、解約するかは少し悩みました。TATERUは資金的に余裕もあり、このまま待てば正常に運用が終了する可能性も有ります。

ただ、分配金(見込みで約7000円)を得られるまで新しい問題の浮上する可能性に不安を抱えながら待つよりも投資資金の保護を優先したかったのと、後は前向きに次の投資先を探せばよいと考えて解約することにしました。

返金申請のその後ですが、9月14日の朝、銀行口座に全額入金されたことを確認しています。

預金残高の改ざんについては残念でしたが、この返金対応に関しては情報展開も早く、迅速に動いていたと思っており、その点は会社としての対応の良さを評価しています。

 

クラウドファンディングの新サービスRENOSYに2度応募するも、当選せず

東証マザーズ上場企業 GA technologiesが運営するサービス『RENOSY(リノシー)』で申込みを行いました。

8月2日からクラウドファンディングサービスを開始した事業者になります。

7月に投資をしたTATERU Fundingと同じく、不動産投資型のクラウドファンディングです(同様に不動産特定共同事業法という法律に則って運営をするサービスです)。

申込み方法は抽選制です。今の所サービスを開始して2案件出ています。私も申込んでみましたが、抽選結果は以下の通り2度とも落選です。募集金額に対して10倍以上の額の応募があるため、なかなか当たりにくいようです。

案件名 募集金額 総応募額 私の申込額 抽選結果
Renosy キャピタル重視型 第1号ファンド 1,540万 18,561万 30万 落選
Renosy キャピタル重視型 第2号ファンド 1,680万 18,594万 30万 落選

尚、RENOSYはTATERUと資本関係がありましたが、TATERUでの改竄問題発覚後、TATERUは株を売却、その関係を解消しています。

TATERU:出資先である株式会社GA technologies 東証マザーズへの上場のお知らせ

↓問題発覚後↓

RENOSY:当社株主の株式売却について

、、、という上記のイベントからどう変化していくのかを見る必要がありそうです。また、RENOSYは立ち上げて間もないサービスなので、このあたりを加味して様子を見ながら次回案件公開時はまた抽選に参加する方向で考えています。

スポンサーリンク

 

8月に投資した案件まとめ

8月中に投資した案件は以下の通りです。

サービス 案件名 投資額
TATERU Funding キャピタル重視型 第43号TATERU APファンド 30万 ⇒ 解除
SBIソーシャルレンディング SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus19号 2018年8月 30万
クラウドバンク 太陽光発電ファンド第343号 10万
RENOSY Renosy キャピタル重視型 第1号ファンド 落選
RENOSY Renosy キャピタル重視型 第2号ファンド 落選

7月に引き続きですが、あまり投資していません。最終的に投資ができたのはSBIソーシャルレンディングとクラウドバンクの合計2案件です。既存投資先だと選択肢が狭まってきて投資をしなかった、というのが大きい理由です。

9/17 加筆修正:RENOSYを追加

 

ポートフォリオの見直し状況など

前回の記事(以下)からの続きですが、ポートフォリオの見直しを進めています。

【運用実績公開】ソーシャルレンディング事業者各社から7月の分配金が出ました

8月末時点での投資状況は以下の通りです。

8月中の投資額の増減と投資方針は以下の通りです。

ソーシャルレンディング事業者 投資額(8月時点) 今後の方針
1 maneo 300万⇒270万 減額
2 クラウドバンク 100万 維持
3 ラッキーバンク 200万 撤退
4 オーナーズブック 200万 維持
5 クラウドリース 50万 撤退
6 LCレンディング 50万 維持 or 増額?
7 クラウドクレジット 24万 撤退
8 プレリートファンド 100万 維持
9 SBIソーシャルレンディング 30万⇒60万 増額
10 TATERU Funding 50万⇒80万 撤退
11 RENOSY NEW
12 トラストレンディング NEW
13 ポケットファンディング   NEW

投資額が一番多いmaneo(300万)については、償還都度払い戻しを行い、200万円くらいまで下げる予定です。TATERU Fundingについてはこれから増額予定で考えていましたが、前述の通り撤退に変更しています。

今扱っている事業者の範囲では運用額を維持、積み上げていくのが少し辛くなってきた、というのとなるべく分散投資をして1事業者に多く金額を積まないようにしたいと考えていますので、9月以降で新規に投資先を開拓しようと考えています

今の所、気になっているのは”トラストレンディング”と”ポケットファンディング”の2事業者です。会員登録は(9月中のことですが)行いましたので、投資を行ったら次月の報告の際にでも状況などお伝えしたいと思います。

いくつかのソーシャルレンディング事業者で問題が発生している中で、私が今後も利用継続を考えているのは、オーナーズブック、SBIソーシャルレンディング、クラウドバンクの3社です。もしソーシャルレンディングに興味をお持ちになりましたら、以下のアフィリエイトリンクから会員登録が可能になっておりますので、投資を検討してみるのもいかがでしょうか。

オーナーズブック
OwnersBook

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

尚、投資判断は自己責任となりますので、その点についてご理解の上お進みください。

 

おわりに

8月はTATERUのニュースは、今後投資を続けていきたいと考えていた矢先のことなのでショックでした。TATERUにとっても今後立て直すのはかなり大変なことでしょう。改善して、立て直ってほしいものです。

ブログランキングに参加しています。
参考になった情報、お役に立てた情報などがありましたら、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です