【運用実績公開】ソーシャルレンディング事業者各社から9月の分配金が出ました

こんにちは。中年リール(@mez2fln)です。

ソーシャルレンディング事業者各社から9月の分配金が得られましたので、その集計結果などを報告します。その他、9月中に行ったこと、起こったことなどをまとめています。

9月はトラストレンディングでの投資に初挑戦してみました。


スポンサーリンク

2018年9月の分配金は?

分配金(税引前)は35,864円でした。

No 事業者 分配金(税引前)
1 maneo 16,533円
2 クラウドバンク 5,759円
3 ラッキーバンク 2,384円
4 オーナーズブック なし
5 クラウドリース 3,519円
6 LCレンディング 2,132円
7 クラウドクレジット なし
8 プレリートファンド 4,535円
9 SBIソーシャルレンディング 1,002円
合計 35,864円

※オーナーズブックは四半期に一度が分配タイミングのため、次回は10月予定、クラウドクレジットは満期一括型のため投資案件の運用終了タイミングによります。

続いて月別の分配金推移です。

分配金ではないのですが9月から利用し始めたトラストレンディング(後述)からクオカードを2枚(それぞれ500円分)もらいました。

1枚は西日本豪雨被災地支援プログラム期間中の投資のため、もう一枚は投資した案件が出資後キャンセルになったためのお詫びによるものです。

 

ラッキーバンクの返済遅延、状況は? ⇒9月は特に進展なし

返済遅延を起こした案件の返済状況ですが、見えている範囲では9月中は特に進展はありませんでした。

正確には、

  • 遅延を起こしていない案件:正常に分配金が支払われた
  • 遅延を起こした案件:報告なし

です。

※参考:これまでの返済遅延に関わる状況などは以下にまとめています。

スポンサーリンク

トラストレンディングで投資を始めました

先月の運用実績記事にて触れた件ですが、トラストレンディング(Trust Lending)で投資を始めました。トラストレンディングは、株式会社エーアイトラストが運営するソーシャルレンディングサービスです。

トラストレンディングの特徴は以下のようなところです。

  • 公共事業系案件が多い
  • 高利回りである(10%以上が多い)
  • 預託金口座が無い

ポートフォリオが現在不動産分野に偏りがちだったので、それ以外にも広げていきたかったことからトラストレンディングで投資をすることにしました。

ただし運営会社であるエーアイトラストが非上場系の中小企業であること、担保評価額が不明(売却債権や設備など算出が難しいものが多い)であること、高利回り系SL事業者(高利回り=確実に危ないではありませんが、注意する必要有)であること等を考慮して、私は投資資金を50万くらいで上限を設けておこうと考えています。

 

9月に投資した案件は? LC,SBISL、トラストレンディングにいくつか投資

9月中に投資した案件は以下の通りです。

サービス 案件名 利回り 投資額
LCレンディング LCGF438号 3か月運用型 5.25% 200,000円
LCレンディング LCGF430号 6か月運用型 5.75% 100,000円
SBIソーシャルレンディング SBISL不動産バイヤーズローンファンド 26号 6.5% 100,000円
SBIソーシャルレンディング SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus20号 6.5% 200,000円
SBIソーシャルレンディング SBISLメガソーラーブリッジローンファンド16号 7.0% 100,000円
Trust Lending 燃料卸売事業者ローンファンド193号 11.0% 200,000円
RENOSY Renosy キャピタル重視型 第3号ファンド 8.0% 落選
RENOSY Renosy キャピタル重視型 第4号ファンド 8.0% 落選
RENOSY Renosy キャピタル重視型 第5号ファンド 8.0% 落選

Renosyは3つの案件に募集しましたがどれも落選でした。これで5連敗ですが、引き続きチャレンジしてみます。連敗続きのため、当たったら投資してみようくらいのモチベーションです。

maneoファミリー系については唯一上場企業のLCレンディングのみ投資、それ以外のmaneoファミリー系事業者は投資を控えています。

 

運用状態別の投資額について。一部期失あり。

以下はこれまでシャルレンディングで投資してきた資金を案件の運用状態別に集計したグラフです。私がソーシャルレンディングを始めたのが2017年8月からのことなので、それまでの合計です。

一番左の運用中の列は現在投資している案件の総額(期失除く)です。

運用中の案件は満期か早期返済のどちらかで正常に償還して運用終了となればよいのですが、借り手(融資先)からの返済が滞って投資家への分配が延滞した場合は期失(期限の利益の喪失)となります。なるべく、期減の利益の喪失になるのは避けたいものです。

スポンサーリンク

ポートフォリオの見直しについて

月並みとなってますが、ポートフォリオの見直しをしています。

9月末時点での投資比率は以下の通りです。

9月中の投資額の増減と投資方針は以下の通りです。

ソーシャルレンディング事業者 投資額(9月時点) 今後の方針
1 maneo 270万⇒240万 減額
2 クラウドバンク 100万 維持
3 ラッキーバンク 200万 撤退
4 オーナーズブック 200万 維持
5 クラウドリース 50万 撤退
6 LCレンディング 50万⇒80万 維持
7 クラウドクレジット 24万 撤退
8 プレリートファンド 100万 維持
9 SBIソーシャルレンディング 60万⇒100万 増額
10 TATERU Funding 80万⇒0円 撤退
11 RENOSY 0 NEW
12 トラストレンディング 0⇒20万 増額
13 ポケットファンディング  0 NEW

TATERUは9月に全案件の中途解約を申し込んで80万円が戻って来ましたので撤退完了です。尚、その後の連絡や何らかの手続等があるかもしれないので、退会まではせずにアカウントはそのまま残すことにしています。maneoについては着々と償還のタイミングで出資額を減らしています。出金時手数料が若干かかりますが割り切ることにしました。早めに200万円を切るくらいにはしたいです。

今年のSL事業者別の投資額推移をグラフにすると以下の通りです。あまり大した変化はありませんが毎月少しずつポートフォリオは変化させています。

元々今年は投資額を徐々に積上げていく予定だったのですが、ラッキーバンク、グリーンインフラレンディング、TATERUと色々問題も起こったりしていたので、再投資先に困って資金が寝ていたり、償還の都度、別事業者に再投資ということを繰り返しているので増加傾向にありませんでした。

おわりに

毎月、色々良くないニュースが飛び込んで来たりラッキーバンク音沙汰なかったりと今年はほんとに色々あるのですが、早く匿名化解消したり法整備したりと早く良い方向で進んで行ってほしいものです。

ブログランキングに参加しています。
参考になった情報、お役に立てた情報などがありましたら、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です