ソーシャルレンディング2019年2月運用実績

こんにちは、中年リール(@mez2fln)です。

3月も半ばを過ぎてしまいましたが、2月のソーシャルレンディング運用実績を公開します。

2月の分配金。しばらくは減少傾向が続きます

分配金(税引前)は29、789円でした。

No 事業者 分配金(税引前)
1 maneo 7,877円
2 クラウドバンク 5,583円
3 クラウドリース 4円
4 LCレンディング 2,174円
5 プレリートファンド 3,950円
6 SBIソーシャルレンディング 4,386円
7 トラストレンディング 4,235円
8 CREAL 1,045円
合計 29,789円

分配金推移は以下の通りです(比較用に去年の実績も載せています)。

ここ数か月は投資よりも償還の方が多い状態が続いており、償還⇒再投資のサイクルが回っていません。そのため各事業者での運用資金がどんどん減っているため、(望む結果ではありませんが)想定通りです。

CREAL(クリアル)から初の分配金

2月28日、CREAL(クリアル)から初の分配金の支払いがありました。

クリアルの分配金のタイミングは毎月の月末です。マイページ内の取引履歴を見ると、配当金の支払い内容が確認できるようになっています。

参考までに、以下はCREAL(クリアル)のポートフォリオ画面です。どの案件にいくら投資しているか、預金(投資していないお金)がいくら残っているか、というのがわかりやすく表示されています。

不動産クラウドファンディングの場合、ソーシャルレンディングとは異なり、案件情報がクリアなのが特徴で、物件の所在まで明確に公開されています。

ソーシャルレンディングの投資を少し控えめにした代わりに、不動産クラウドファンディングへの投資は徐々に増やす予定です。

トラストレンディングで2度目の行政処分、として登録取り消しへ

12月に行政処分業務停止命令、2月に2度目の行政処分、こちらは二種業の登録取り消しという事態になりました。

私は燃料事業ファンドと船舶事業ファンドに投資をしています(合計40万円)。

トラストレンディングの発表する報告を信じる限り、運用は正常に行われているようです。が、今は非常に事業者として不安定な状態になっているため、今後新たな問題が出る可能性も考えられます。



2月の投資案。前月に引き続き、投資は控えめ。

サービス 案件名 利回り 投資額
CREAL(クリアル) ステージファースト笹塚 4.0% 10万円
さくらみらい駒込  4.0% 10万円

2月は不動産クラファンのCREAL(クリアル)に2件投資を行いました。

Funds(ファンズ)でも2月中の案件募集があり投資を行おうとしたのですが、こちらは瞬間蒸発してしまい申し込みができず。Fundsは現在、数少ない投資先の一つであるためため、引き続き案件の募集がかかった際に投資申し込みを行う予定です。

2月末時点の期失状況。maneoの担保物件はレオパレス21施工不良問題の影響を受けた可能性も

事業者 案件名 投資元本 ステータス
ラッキーバンク こちらに掲載しています 170万⇒55.2万円 期失 ⇒ 終了
maneo 【不動産担保付き】1,200億円突破記念ローンファンド【第3弾】66号(案件1:C社、案件2:AN社) 99,800円 期失(19/1/31)
【不動産担保付き】1,200億円突破記念ローンファンド【第3弾】28号(案件1:C社、案件2:AN社) 99,800円 期失(19/1/31)
【不動産担保付き】1,100億円突破記念ローンファンド【第4弾】10号(案件1:C社、案件2:AN社) 119,687円 期失(18/11/01)
クラウドリース 不動産設備賃貸事業ローンファンド【第3弾】4号 99,502円 期失(19/1/10)
設備資金支援ローンファンド85号 第1次募集 108,501円 期失(19/1/10)

※期失横のカッコ内の日付は延滞の発生連絡日

上記の中で2月中回収できた案件はありません。

maneoの『【不動産担保付き】1,100億円突破記念ローンファンド【第4弾】10号(案件1:C社、案件2:AN社)』については、担保物件がアパートということで銀行融資を受ける際の事前審査で取扱不可との報告がありました。こちらはレオパレス21の施工不良問題が関係しているようです。

引用:2019/2/20 【債権回収に関する報告】maneoマーケット:お客様サポート

前回ご報告のとおり、名古屋市内の不動産仲介会社より1か所の物件について交渉が入り、銀行の融資正式申込前に行う事前審査の回答待ちの状況でしたが、賃貸アパートの施工不良問題に関する報道の影響を受け、取扱不可との回答がありました。
代替対応として他の銀行での事前審査申込をしていただいている状況です。
なお、上記報道の影響により東京都内の不動産業者及び横浜市の法人からも、金融機関からの融資の兼ね合いもあるため、
対象物件の再調査を行い、金額を改めて提示するとの連絡を受けております。
また、横浜市内の不動産業者より買付(購入申込書)の取下げがございました。

※レオパレスの施工不良問題とは、賃貸アパート大手のレオパレスが施工した物件について、建築基準法違反の疑いがある施工不良のが見つかった問題のことです。

引き続き、様子を見ます。



2月のポートフォリオ

2月末時点でのポートフォリオは以下の通りです

※上図はデポジット口座に入金済み且つ未運用額も含んだ合計

月別のポートフォリオ推移は以下のようになります。1月とほぼ同じ金額です。

以下は今後の方針など。

各事業者の問題はそれぞれ異なるもので、分けて考えるべきことなのですが、(特にトラストレンディングのショックは大きく、)気分的には”ソーシャルレンディング疑心暗鬼”に少し陥り気味なところがあり、投資ペースはしばらく控えめの予定です。

また、これがきっかけではありませんが償還されたお金で株(短期トレード)を始めました(年始にFX始める宣言をしていたのですが方向転換して先に株をスタート)。株については投資テーマが異なるので、別記事としてどこかのタイミングで運用実績を公開していくかもしれません。

おわりに

消極的になりつつあったソーシャルレンディング投資ですが、トラストレンディング二度目の行政処分を受け、より消極的になりそうな今日この頃です。以前から期待している匿名化廃止のもありますので、今は休むも相場とも考えています。

ただ、新しいことを始めたりするきっかけにもなるので、何もしないよりは前向きに時間もお金も有効活用する方向で考えます。

ブログランキングに参加しています。
参考になった情報、お役に立てた情報などがありましたら、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です