ソーシャルレンディング&不動産投資クラウドファンディング 2019年10月運用実績

こんにちは、中年リール(@mez2fln)です。

10月の分配金、投資実績などの記録をまとめて公開します。

10月の分配金

10月実績

分配金(税引前)は以下の通りです。

投資ジャンル 事業者 金額
ソシャレン(貸付型)




 




LCレンディング 512円
プレリートファンド 456円
SBIソーシャルレンディング 3,684円
クラウドバンク 2,615円
オーナーズブック 9,025円
Funds(ファンズ) 1,792円
maneo 0円(遅延)
クラウドリース 0円(遅延)
トラストレンディング 0円(遅延)
不動産クラファン

CREAL(クリアル) 2,213円
合計 20,865円

maneo、クラウドリース、トラストレンディング  は投資している案件が全て返済遅延中(期失)のため、0円となっています。

FANTAS、Jointo αにも投資申し込みをしていますが、こちらは満期一括のため運用終了時に分配予定です。

月別推移

以下は月別の分配金推移です(赤枠が更新箇所)

オーナーズブックが3ヶ月に一回分配のタイミングと重なり、今月はやや多めです。

以下はグラフの出力形式を変えただけのものですが、分配金の累計グラフです。

10月末時点で今年の分配金の税引前合計は286,925円です。

分配金は右肩上がりですが、期失分はこれ以上に捕まっている(後述)ため、素直に喜べるものでもありません(苦笑

あと2ヶ月で2019年も終わりとなりますが、今年の分配金の合計は30万行くか行かないかぐらいでしょうか。税引後だと24万円くらいですね。

Jointoα(ジョイントアルファ)

10月の投資案件

ジャンル サービス 案件名 運用期間 利回り 保全等 投資額
不動産クラファン


 

FANTAS funding

キャピタル重視型  FANTAS check (中古不動産流通)PJ 第42号

120日  4.0% 劣後20%  30万
RENOSY

RENOSY キャピタル重視型 第11号ファンド

3ヶ月 6.4% 劣後30%  30万
ソシャレン(貸付型)



OwnersBook 新宿区商業ビル第2号第2回 3年1ヶ月 4.0% ・不動産担保
・LTV75.8%
10万
SBIソーシャルレンディング SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2019年10月第1号 14ヶ月 3~5% ・不動産担保
・LTV70%上限
・最大6社貸付先分散
30万
Crowd Bank 中小企業支援型ローンファンド第576号 8ヶ月 6.9% ・担保 ※会員限定情報 10万

 

RENOSY ASSET クラウドファンディングにて初の当選

RENOSYクラウドファンディングの抽選にも当たりました。

以下はそのお知らせのメールの抜粋です。

RENOSYは会員登録をしてから一年以上が経過していて、これまで全て落選していたのですが、今回初の当選となりました。

Jointo αが激戦化?投資申し込みできず。

あなぶき興産が提供するクラウドファンディングサービス Jointo α(ジョイントアルファ) で新しい案件「アルファアセットファンド大阪天王寺」の募集があり、いつも通り募集開始時間に張り付いて申し込みに参戦したところ、募集開始時刻直後、申し込みサイトが突然重くなり、エラー画面が発生。

申し込み画面に戻った時には満額終了で成立していました。

ジョイントアルファはサービス開始当初は静かでしたが、徐々に満額成立までの時間が短くなってきていました。記事として取り上げられることが多くなり、知名度も上がってきていることから会員登録者数も増加しているのかもしれません。

次回も恐らく激戦となることでしょう。

尚、次回募集は11月13日、アルファアセットファンド豊洲タワーの募集でこちらも申し込みには参加予定です。

Jointoα(ジョイントアルファ)

インテリックス社が不動産クラウドファンディング「X-Crowd(エックスクラウド)」を開始

新たな不動産クラファン事業者の登場です。

インテリックス社(東証一部上場)が2019年10月7日より不動産クラウドファンディング・サービス「X-Crowd(エックスクラウド)」を始めました。

参考:不動産投資型クラウドファンディングサービス開始に関するお知らせ 

インテリックス社は本サービス開始前から中古マンションのリノベーション事業である「アセットシェアリング」というサービスで1口100万円からの不動産小口商品を販売していました。

今後はアセットシェアに加え、X-Crowd(エックスクラウド)というサービスで1口10万園からの投資が可能な不動産クラウドファンディング・サービスを展開していくことになります。

インテリックス社というとFunds(ファンズ) のリースバック事業「あんばいファンド」で借り手となっている会社でもありますね。

x-crowdのファンド概要をのぞいてみると、保全面に関しては、不動産クラファンではおなじみの優先劣後方式(劣後はインテリックス)を取り入れているようです。

以下、エックスクラウドのクラウドファンディング概要説明ページより。

以下、優先劣後構造の例では劣後30%ですが、あくまでイメージとのことで割合については一律同じではなさそうです。

現在は会員登録のみ募集していて案件の詳細はまだ公開されていませんが、第一号案件は京町家を対象としたもので、今秋登場予定とのこと。

これからの展開が楽しみな事業者です。

尚、私は会員登録が完了しましたので、あとはファンドの公開を待つのみとなっています。

Jointoα(ジョイントアルファ)

ソーシャルレンディング期失状況

8月末時点のソーシャルレンディング案件の期失状況です。

事業者 案件名 貸付先アルファベット表記 延滞額(A) 回収額(B) 毀損額(A-B)
maneo 【不動産担保付き】1,200億円突破記念ローンファンド【第3弾】66号(案件1:C社、案件2:AN社) C社⇨DM社 99,800円(19/1/31) 99,800円(19/5/22) 0円
【不動産担保付き】1,200億円突破記念ローンファンド【第3弾】28号(案件1:C社、案件2:AN社) C社⇨DM社 99,800円(19/1/31) 99,800円(19/5/22) 0円
【不動産担保付き】1,100億円突破記念ローンファンド【第4弾】10号(案件1:C社、案件2:AN社) ※CU社 C社⇨CU社 119,687円(18/11) 51,965円
(19/10)
67,722円
不動産担保付きローンファンド1360号(案件1:C社、案件2:AN社) ※O社 C社⇨O社 99,800円(19/05) 未定 未定
不動産担保付きローンファンド1443号(案件1:C社、案件2:AN社) ※BJ社
C社⇨BJ社 98,313円(19/8) 未定 未定
不動産担保付きローンファンド1424号(案件1:C社、案件2:AN社) ※BJ社
C社⇨BJ社 98,313円(19/8) 未定 未定
クラウドリース 不動産設備賃貸事業ローンファンド【第3弾】4号(案件1) M社⇨DB社 99,502円(19/01) 未定 未定
不動産設備賃貸事業ローンファンド【第3弾】4号(案件2) F社 498円 (19/04) 未定 未定
設備資金支援ローンファンド85号 第1次募集 M社⇨EA社 108,501円(19/01) 未定 未定
トラストレンディング


燃料卸売事業ローンファンド193号 100,000円(19/06) 未定  未定
燃料卸売事業ローンファンド194号 100,000円(19/06) 未定 未定 
船舶担保付ローンファンド201号
200,000円(19/8) 未定 未定
合計   1,025,986円 199,600円   67,722円

maneo、トラストレンディング、クラウドリース以外の事業者で、新規に遅延等の発生連絡はありません。

トラストレンディングは”「燃料卸売ファンド」の今後の方針について”というメールが届きました。第三者開示不可とのことで、中身には触れられないのですが、方針をお伝えするもので、以前から公開されていた内容から特に進展はありません。

maneoはO社、BJ社についてそれぞれ以下の報告がありましたので抜粋して掲載します。が、どちらもまだ時間がかかりそうです。

O社

引用メール(2019/10/18):【債権回収に関する報告】maneoマーケット:お客様サポート

BJ社
1.回収活動状況について
不動産事業者BJが注力している金融機関からの借換につきましては、現在融資審査の過程にあります。また、ノンバンクにも融資申込をいたしておりますが、新規取引にあたり時間を要しており、金融機関と同様に融資審査の過程にあります。上記のとおり、金融機関、ノンバンクともに現時点では途中経過をお伝えできる状況にございませんが、事業者Cを介して審査結果の報告を受けた上で改めてご報告させていただきます。売買の進捗状況につきましては、前回ご報告以降、特段の変化などはございませんが、こちらも適宜確認の上、報告を受けることとなります。現時点では売買及び借換について報告待ちという状況にありますが、事業者Cにおいては、これらの履行に懸念が生じた場合には、速やかに競売手続きに移行する方針です。

引用メール(2019/10/31): 【債権回収に関する報告】maneoマーケット:お客様サポート

クラウドリースは10月の報告はありません。
状況についてお問い合わせをしたところで公開されている以上の回答を個別にいただけるわけでもないため、事業者からの報告を待つしかありません。なので、最低限、事業者からは今どういう状況なのか、定期的な報告は欲しいものです。

10月のポートフォリオ、今後の投資先など

運用額の内訳

10月末時点での内訳です(期失案件は除外)。

ソーシャルレンディングで投資したい案件が不足しつづけてきた間、新たな事業者の登場や適宜案件がリリースされてる不動産クラファンにシフトしてきたことから、結果的に分散された形になりました。

不動産クラファンは引き続き運用額を増やしていく予定です。

今後の投資予定事業者について

主な投資先事業者は以下の通りです。

不動産クラウドファンディング

ソーシャルレンディング

ほとんどラインナップに変わり映えありませんが、この中に不動産クラウドファンディングx-crowdが追加されるかもしれません。

直近の投資予定

予定が見えてる分では直近で以下の申込みに参戦予定です。

x-crowdは未知数ですが、FundsRENOSYは運が良ければですね。

この中ではCREALFANTAS funding は拾えたら、と考えています。

※CREALは大型案件の場合は金額が大きい、FANTASは複数同時募集(=複数案件に申込分散)であることから、申し込める可能性があるかもしれないため。

SBIソーシャルレンディングは常時募集型案件の申込額が多くなったので今月は一休み予定。

Funds大阪王将ファンド#1の抽選に落ちたことから、11日の先着申込の枠で再度チャレンジ予定。

Crowd BankOwnersBook は随時案件が募集されているので、こまめにチェックして申込するかしないかを検討。

と、今日はこの辺で。

ブログランキングに参加しています。
参考になった情報、お役に立てた情報などがありましたら、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です